HOME > The 定温保管

The 定温保管

約750坪の定温保管倉庫でデリケートな商品をお預かりいたします。

決められた一定温度帯で保管

ワインなら15度、チョコレート菓子なら25度といったように、お預かりする商品によって、その商品としての品質を保つため、冷凍でもチルドでも、常温でもない一定の保管温度が必要なものがあります。また食品や化学製品などはそれぞれ、上限下限の温度があり、温度管理を誤ると、変質したり、商品価値を失うものなどが多数あります。弊社では、食品や化学製品を長年にわたり扱ってきた経験と知識があり、それぞれの商品特性をしっかり理解しています。その商品によって最適な環境で品質を保持しながら保管をすること。そういった定温保管にしっかり対応することが可能です。「〇〇度で!」とぜひご用命ください。
冷凍温度帯 冷凍温度帯 -30℃
チルド温度帯 チルド温度帯 0~10℃
低温温度帯 低温温度帯 10℃~
常温温度帯 常温温度帯 常温

定温保管が必要な主な品目例

食品
ワイン、日本酒、チョコレート、キャラメル、キャンディ、クッキー、ビスケット、お米、小麦粉、トウモロコシ、競走馬の飼料など。ほどんどの食品は上限や下限の超えてはいけない温度があります。
食品以外
工業用フィルム、点滴の袋など医療機器に使用される化学製品、PP/PE/PSなどプラスチック製品などの工業原料。家電製品・FAなどの精密機械。

倉庫内での保管場所にも配慮しています。

においがあるもの、においのつくものなどニオイにデリケートなもの(主に食品など)は特に、それぞれの商品特性を理解し、近くに置かないなどの配慮した保管をおこなっています。

定温保管システム

弊社の保有する定温保管のための倉庫面積は約750坪。そこには春夏秋冬、一年を通して一定温度に保つために必要な空調システムを完備しています。また倉庫の建物自体も外部の温度変化にあまり左右されにくい場所と構造になっており、お客様からお預かりした大切な商品の品質を保持し続けながら保管ができるようになっております。
常温温度帯
お問合せはこちら


topに戻る

Copyright  丸善運輸倉庫株式会社. All Rights Reserved